Up
プレミアムギフト 米風土 匠ブレンド米 ダイアモンド 遠藤五一さんのお米 家計応援米 調理炊飯鑑定士の正しい炊き方 安心を産地から食卓まで トレーサビリティ

お米の炊き方

おいしく炊きあがりにするには水加減が命!計量カップを使って正確にすりきり一杯に図ろう。出来ればカップ半分などの分量ではなく1カップ単位で炊くのがオススメです。

お米は最初に触れる水分を吸い込みます。お米を最初に入れてから水を注ぐと、お米の周りに残った糠で水が濁り、それを吸ってしまいます。まずはボウルまたは釜にお水をたっぷり張って、まぶすように上から計量したお米を入れてください。
そのまま、20秒ほどつけてから、水を捨てて、3回ほどいつも通りに軽くお米を洗ってください。米百選のお米はきつく研ぐ必要はありません。

炊飯器のスイッチを入れる前にほどよくお水に浸します。こうすることでお米がふっくらと炊きあがります。
夏場は 30 分、冬場は 1 時間程度が目安です。水加減はお好みで♪新米は通常よりお水を1割程減らすと美味しいです。
※最新の炊飯器は浸水・蒸らし時間の必要ない機種もございますので、炊飯器の取扱説明書をご確認ください。

炊きあがりのあと、直ぐに食べたいと思いますがここでもうひと手間。
10分から15分ふたを開けずに蒸らすだけ。蒸らしたらしゃもじて全体をほぐすようにさっくりと混ぜて余計な水分を飛ばしましょう。
それが終わればいよいよ・・・
※最新の炊飯器は浸水・蒸らし時間の必要ない機種もございますので、炊飯器の取扱説明書をご確認ください。

お米にとって高温と湿気は大敵です。開封前も開封後も冷蔵庫で保管することをお勧めします。
10℃以下で保管することで、美味しさを長く保つことができます。

お米も他の農作物と同じで鮮度が命。どんなに美味しいお米でも精米後1ヶ月、冷蔵保管の場合は2ヶ月を超えると味の劣化が進みます。その期間に食べきれる容量のお米をご購入ください。ただし、真空等の製品は6ヶ月以上保つ場合があります。